アクセスカウンタ

みきっぺのアオチロ成長日記

プロフィール

ブログ名
みきっぺのアオチロ成長日記
ブログ紹介
みきっぺの愛息子であるアオイ&チヒロの成長振りを中心に、みきっぺの思ったことやオススメなんかをアップしていきます。
zoom RSS

「大場政夫さん、安らかに・・・」について

2011/07/12 00:19
大場政夫さん、安らかに・・・」について
私は昭和47年生まれで、このようなチャンピオンがいたことを恥ずかしながら今日、テレビで知りました。
ちょっと、テレビで見ただけなのですが、とても興味をひかれ、ネットでいろいろ調べていたところ、こちらのブログにたどり着きました。
そして、どんどん彼に引き込まれていきます。
生前の彼に会いたかったです。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


入学説明会

2009/02/02 23:00
今日は、チヒロの入学説明会だった。
昼過ぎからだったので、幼稚園で預かり保育にしようかと思っていたが、モリマナ兄弟のおばあちゃまが、アオチロも一緒に預かってくれるというので、がっつりお言葉に甘えさせてもらった

説明会では、現在の1年生の担任が、入学までのしつけなどについて話してくれた。年子のアオチロなので、そのうちの一人の先生は、アオイの担任。
その担任のH先生が、説明をしているさなか、私の隣にいたモリマナママは、突然私にこう耳打ちした。

「H先生って、オードリーの…」と言っただけで、そのさきは容易に推測できた。
オードリーの春日に似ていると…。
いつか、先生に「トゥース!」とやってみてほしいものだ。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5


アオイの聞き間違い

2009/01/30 21:18
今日は、仕事が休みだったので、ぐるナイを見ていた。

ワカサギ釣り対決をしていた。

アオチロが、ジョイマンを見て「寒そう!!」と言ったので、「(オードリーの)春日も半袖で寒そうだよ」と、私が言うとアオイが「え?カス?」と聞き返す。もう一度、同じことを言ったが、やっぱり同じく聞き返される。

「そうじゃなくって、オードリーの人!」と言うと、今度は…


「コウモリのような人?」


…と、真顔で再び、聞き返された。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


コアリズム

2009/01/29 23:07
禁煙してから、早いもので1年と7か月。



喫煙生活を17年ほど続けて、絶対に死ぬまでタバコとは別れられないんだろうな…と思っていたのが、

ウソみたいに今はタバコの煙も臭いも嫌でたまらない。



自分が禁煙できたことに関しては、本当に驚いているし、できてよかったとも思っている。

禁煙方法を教えてくれた、京都に住む友達に超感謝。



だが、それと引き換えに標準の体重とお別れしてしまった。

ありえないほど、ぶくぶくと体重は増えていく。

恐ろしいほどだ。



去年の夏に、一度はちょこっとダイエットも成功し、2〜3キロ痩せはしたものの、油断と、この年末年始でリバウンドもいいとこ…。



でも、今は、多少時間がかかっても、ダイエットを成功させることができそうな気がしている。



それは、先週の月曜日からコアリズムを始めたから…



はじめてやった時は、しんどくて、毎日続けるなんて絶対にムリって思ったけど、

なぜか、しんどいながらもまたやりたくなるのがコアリズム。

やるごとに動きが頭に入ってくるから、スムーズに踊れるようになるし、

欲も出てきて、もっと上手になりたいと思うようにもなる。




初日で、なんとウェスト3cmも減。

その後は、ゆっくりではあるけれど、確かに毎日少しずつ細くなっている。

ただ、なぜか体重にほとんど変化がない。


脂肪より筋肉の方が重いから、体重に変化が表れるのは少しあとになるようだけど…
でも、楽しいから続けていけそうだわ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


どんぐりクラフト

2008/10/22 22:09
画像

松ぼっくりやどんぐりを使ったクラフト体験のコーナーに非常に惹かれつつ、興味があるのは私だけだったためにあきらめた先日。…が、やっぱりどうしても作ってみたくて、どんぐりを分けてもらったり、松ぼっくりをアオイに採ってきてもらったりしていた。
そして、ネットで見つけたサイトを参考に見よう見まねで作ってみた。
千枚通しを思いっきりわが人差し指に突き刺すというアクシデントもあったが、意外にうまくできたのでは…と自己満足するのであります。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2


みきっぺの受難

2008/10/10 23:59
画像

今日は、DSポケモンプラチナの攻略本の発売日。本当は、昨日だったんだけど、北海道は1日遅れることが多い。
アオチロが出かけてから、早速買いに行った。

帰宅後、コーヒーでも飲もうと愛用しているコーヒーカップにコーヒーを入れ、冷たい牛乳を注ぐ。別に猫舌ってワケでもないけど、牛乳を温めるのも面倒なので、いつもこうしている。
ソファーに座り、いつもどおりにコーヒーを飲む。ここまで何も特別なことはなかった。なのに2,3回目に口に運んだとき、突然太ももあたりに衝撃を感じる。
なに???
一瞬なにが起きたのか本当にわからなかった。でも、ふと気がつくと、私の右手には、コーヒーカップの持ち手の部分だけが残されていて、カップのほうは私の足の上に、落ちていた。もちろん、コーヒーはこぼれている。
このせいで、さっき買ってきたばかりの攻略本が汚れてしまった
マジ、最悪
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


学芸会と誕生会

2008/10/03 22:40
画像今日は、朝から忙しかった。
9時から、小学校で学芸会があり、チヒロにもアオイが出る1年生の発表を見せてやろうと一緒に連れて行ったのだ。ところが、連れて行ったのは失敗だった。うるさすぎる、チヒロ。ビデオ撮影もなるべくブレないようにと必死に動かない様に努めている私にわざとぶつかってくる。
ところで、肝心の発表だが、1年生は歌と楽器演奏だった。
1曲目が、「南の島のハメハメハ大王」の合唱。2曲目は踊りながらの合唱で「崖の上のポニョ」。そして3曲目に演奏で、「おもちゃのチャチャチャ」。1年生でもこんなにできるんだぁと感心した。鍵盤ハーモニカがほとんどだったけど、ほかにも木琴・鉄琴・キーボードなどちゃんと演奏できていた。私は、ぜんぜんセンスがないから、楽器が演奏できるってやっぱりカッコイイと思うし、あこがれる アオチロにも習わせてみたいなぁとちょっと思うけど、本人たちはまるで興味がないみたい。
1年生の発表が終わると、すぐに下校できるので、アオイを連れ、今度はチヒロを登園させる。このときで9時半ちょっと前。そして、この50分後にはチヒロの誕生会がある。それぞれの時間が重ならなくて良かったけれど、中途半端に時間が空きすぎ
とりあえず、ガソリンを入れに出かけ、再び幼稚園に戻って車の中で時間をつぶした。

画像チヒロの誕生会は、3回目。年少のとき、間違えてアオイの誕生日を言ってしまう。年中のとき、10月5月と言ってしまう。そして、これが最後のチャンス。うちでの練習ではちゃんと言えていた。緊張していないか確認すると「全然緊張してない」と言い切っていた。果たして、この緊張感のなさが吉と出るか凶と出るか…見る側のほうが緊張する 
いよいよ、今日の主役たちがステージに上がる。チヒロは、年長ということもあり、なんとトップバッター 礼拝の間なんかは、とくにいつもと変わらないカンジでいたが、心配だった。
しかし、そんな私の心配をよそに、今日は大成功。「ぼくはばら組の○○チヒロです。10月4日に生まれました。6才になります。」と、ちゃんと1字1句間違うことなく言えた。まぁ、年長なんだし、これくらいできたって当たり前なんだけど、やっぱり過去2年間の失敗が背景にあるだけに、私は十分感動した。
ちなみに、この場にアオイを連れて行ったことも、失敗だったことを記しておこう。チヒロ以上にうるさかったということを…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


りんご狩り遠足

2008/09/30 23:00
画像今日は、りんご狩り遠足。毎年恒例になっているこの遠足も今日で終わり。いつもは面倒に感じるが、最後と思えばがんばれるものだ
天気はよく、半袖でも熱く感じた。車が停められないのではと思い、歩いて出かけた。園庭に集合して、バスに乗り込み、りんご園に出発。
到着すると、礼拝が始まる。その後、りんご園のおじさんのお話を聞いて、さっそくりんご狩り。
7個まで取ることができる。去年は、アオイもいて全部で14個だったので、選んでいる場合じゃないカンジで、とにかく取ったので、後から見てみるとほとんどが青かった。そんな失敗があったので、今回は慎重に赤いのを選んでいると、選びすぎて指定されたつがるの木を超え、違うりんごを手にしたところおじさんに止められた
選び抜いて7個ゲットした後は、いつもはやったことがないプルーン狩りにも挑戦した。今までは食わず嫌いだったのだが、今年は何となく食べてみたくなった。千円はちょっと痛かったが、買ってよかった。まだ、あまり熟れていなくてすっぱかったけれど、何となく食べ始めると止まらない。最近、便秘気味なので、その効果にも期待しよう。

りんご狩り終了後は、再びバスに乗って公園に移動。そこでお弁当タイム。
猛烈な日差しが降り注ぐ中、お弁当を広げてみんなでいただいた。子供たちは、元気に遊びまわっていたが、母たちはグッタリ。寝転んで、食べて、しゃべって…。
帰りのバスでは、ポケモンしりとりをして…。
バスは、幼稚園に着いたが、ここから歩いてうちまで帰らなければいけない。りんごの重さのことをすっかり計算に入れるのを忘れていた 歩きながら、すごい勢いで襲ってくる睡魔と必死で戦っていた。うちに着くと、倒れるようにソファーへ。1時間ほど爆睡した

とてもご飯支度をする気にはなれず、今日聞いたばかりの焼き鳥屋さんのコロッケを買いに出かけた。ふらふらになりながら、運転しやっとの思いで着いたのにその焼き鳥屋「毎週火曜定休日」という札を立てていた
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


エアロビクス見学

2008/09/29 22:18
画像今日は、幼稚園で行っているチヒロたちのエアロビクスの見学の日。
チヒロは、この日が来るのをとても楽しみにしていた。
始まると、いつも揃うと悪ノリしてしまう仲良し4人組(もちろんチヒロが入っている)は、ちょっと離れているように感じた。そのため、比較的、真剣に取り組みチヒロが見られた。
チヒロはエアロビクスが大好きなので、仲良し悪ノリ組が一時解散していて本人も良かったのではないだろうか。
最後のボールぶつけがイチバンの見どころ。さっきまでふざけていた子も途端に真剣な表情になる。
大きなボールがボワ〜ン、ボワ〜ンと弾む中、必死になってぶつからないように逃げ回るこどもたち。応援にも力が入る。チヒロは、最後まで残るということもなかったが、結構がんばって終盤まで残っていた。
お母さん方が見守る中、チヒロ的にも満足なカンジで今日のエアロビクスは終わるかと思われていたが、最後の最後にチヒロにとって屈辱的な事態が起きた。
みんな裸足でエアロビクスをやっているため、終了時にステージ上においてある自分の靴下とカバーを履いて元の場所にどれだけ速く戻れるかというゲーム的なものがあった。
チヒロは、カッパ足で毎朝、靴下を履くのに苦戦している。私には、チヒロのビリは容易に予想できた。みんながどんどんステージから下りて行く中、やっぱりひとり取り残されてしまったチヒロ。ちょっと泣いていた。時間がかかりながらそれでも何とか自力で履き、自分の場所に戻った。その後も、チヒロの表情は冴えることなく、何となくさびしげにお遊戯室を後にしたのであった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


児童館祭り

2008/09/20 23:55
画像午後からは、児童館祭りに出かけた。
行く途中で、モリマナブラザーズ&タクガクブラザーズと合流。
着くと、さっそくミニゲームやくじに夢中になるこどもたち。
とくにアオイが熱くなるのは、ストラックアウトだ。
メジャーというアニメを見て、すっかり野球に魅せられているアオイはうちの中でしょちゅうたんすにボールをぶつけてピッチングの練習をしている。…が、アオイが重視しているのはスピードのみで、コントロールがまったくなっていない。それでも本人はかなり上達していると思っているものだから、困ったもんだ
並んでいる段階から、相当なやる気がみなぎっているが、私は心配しかなかった。
アオイの番、案の定、スピードだけでコントロールができないので、ボールはボードではなく壁に当たりすごい勢いで跳ね返ってくる。その跳ね返ったボールが小さい子なんかに当たったら大変だ。全然当たらないので、何回も何回も危険球が飛んでくる。本当、うんざりだった。

工作コーナーでは、プロペラ付きだが紐でぶん回すタイプの飛行機のオモチャ作り。
このオモチャ、作るのに結構な時間がかかるため、かなり混みあっていたが、その中でも何とか全員作り上げる。
出来上がって遊んでみると、これがどういうわけだかなかなか面白い。飛行機はぐるぐると回りながら、プロペラをも回しているのだ。
帰りに飾ってあった風船をひとりひとつずつもらった。
帰り道、風船で遊びながら歩いていたアオイとタク。ふたり同時に、風船が手を離れてしまった。ふたつの風船は、だんだんと歩道橋に差しかかろうとする柵の向こう側に飛んでいってしまった。アオイとタクのふたりは、その柵を乗り越えて取りに行こうとしたが、それを見ていたチヒロが回り道をして柵の向こうの風船を取りに行ってくれた。そんなチヒロをモリマナママとタクガクママがほめてくれたのだが、その矢先、あまりにも悲しい事態へと場を変えてしまう。チヒロが風船を手にした瞬間、パンッと割れてしまったのだ そして、柵を乗り越えて風船を拾ったアオイは、それをタクに渡そうとしてまた飛ばしてしまう。お笑いの作家さんが書いた脚本どおりにことが進んでいるようなこの状況。もちろんウケを狙っているわけではなく、本人たちはいたって真剣である上にテンポがバッチリだったので親たちは大爆笑。私には今日イチバンの笑いだった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アオイ初めての眼科

2008/09/20 23:45
昨日、学校から帰ってきた碧威の左目のまぶたが赤くなっていることに気づいたが、本人は痛くも痒くもないというのでとりあえず、様子を見ていた。
今朝になると、昨日より腫れていたので、眼科に連れて行くことにした。
初めて眼科に行くので、アオイは緊張していた。車の中で「痛いのはイヤだ」と何度となくぼやいていた。
私は、眼科の場所をタ○ンページで確認して、出発したのだが、私のイメージどおりの場所に行っても全然見当たらない。かなりぐるぐるとその近辺を回っていた。そして、そこで初めて携帯のアプリを使って、現在地と目的地を確認した。そして、何とか到着したのだが、その瞬間、あまりにも悲しかった。こんなに大通りに面して建っているのにどうして今の今までここにあることを知らなかったのだろうとひとり嘆いていた。
肝心のアオイの診断結果だが、目自体に異常はなく、どちらかと言うと皮膚のほうが炎症を起こしているようだと言われた。先生は念のため、目薬やら軟膏やらを処方してくれたが、あまり意味のない感じがした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


幼稚園生活最後の運動会

2008/09/13 20:27
今日は、いよいよ運動会本番。
幼稚園の運動会は、4年目となったが、こんなにスカッと晴れたのは初めてだった。
晴れて、日焼け対策は必要かな…と思いながらも、今日は総練習のときとは違ってテントに入れるから大丈夫だろうと思って、特に何もせずに出かけた。
…が、見事なまでに計算ミス。
テントには入れるものの、賞品を渡さなければいけないので、テントの中は中でも本当に端。直射日光浴びまくり もちろん私だけではなく、園長先生や来賓の方々、放送や音響の係になったママたちも暑くて大変だったと思う。

ま、大人たちのことはさておき、主役のひとりであるチヒロの話を…
今年は、チヒロはツイていた。かけっこのメンバーに恵まれた。
正直、うちの子供たちはどちらかと言うと足が遅い。去年のアオイは、おそらくクラスの男の子たちの中で、足の速さが真ん中くらいだったらしく、速いメンバーの中に入れられたのに加え、前日に発熱して体調を崩し、かけっこも障害物競走もビリ。
でも、チヒロは女の子と男の子の混合メンバーに入ったのだ。だから、1等賞になれても不思議はない。
そう思っていたのは、私だけで、チヒロ本人と応援に駆けつけてくれたアオイやばーちゃん&いとこのレン・カイはとても喜んでいた。
そして、クラス対抗の競技である綱引きとリレーも見事に勝利
チヒロにとって、いい思い出になる運動会となったのでありました。

そして、最後に閉会式での挨拶…
これさえなければ、もっと運動会を楽しめたんじゃないかと思えて仕方ない。
とりあえず、ものすごい緊張を抑え、最初のお辞儀でマイクに頭をぶつけるというガチガチの笑いに走るべきか、それともまじめにやるべきか、マイクの前に立つまで悩んでいた。なぜなら、副会長のふたりが私のボケにめっちゃ期待しているからだ。
でも、私は、まじめなほうを選んだ。業務用でしか出さない…っていうか出ない高い声を使って、挨拶を始めた。
途中、失敗したが、その失敗は誰にも気づかれることなく、無事に終了。
園長先生からほめてもらって、満足していたところ、背後から「(ボケがなくて)フツーすぎた」という副会長の声が激しく突っ込んできた

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


運動会総練習

2008/09/10 23:04
今日は、幼稚園で今度の土曜日に行われる運動会の総練習があった。

私にとっては、4年間の幼稚園生活の中で、イチバンつまらない運動会となりそうである。
だって、だって、今までなら、綱引きやらリレーやらと父兄の競技に出られたのに、今年はまったく出られない 
しかも、閉会式には挨拶をしなければならないのだ。それを考えるだけで、胃が痛くなる

今日の総練習は、ものすごくイイ天気のなか行われた。
当日は、テントで覆われた本部席に座るのだが、今日は何しろ練習である。
炎天下の中、いすに座ったまま、その場を離れることができない。
いすに座れるんだから、VIP席じゃないかと思いきや、今日だけは、むしろ逆だった。
お手伝いに来てくれていた父兄の皆さんは、出番じゃないときは日陰に入れる。
でも、私はずっとお日様の下に園長先生と一緒にさらされて、干物になりそうな気がした。

チヒロは、なんとか女の子ふたり、男の子ふたりという組み合わせのかけっこで1位になれた。それを考えると、去年のアオイはかわいそうであった。病み上がりの上に、早い男の子たちと一緒に走ることになってしまったので、いつもビリ…。チヒロも、決して早いほうではないから、女の子も混じった組み合わせに入ったんだろう。
でも、運動会当日は、小学校の広いグラウンドを借りて行われる。
これまでの練習のような狭い園庭でやるのとは、ワケが違うだろう。

結果はどうなりますことやら…。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


運動会閉会式でのあいさつ文

2008/09/09 23:58
昨日、幼稚園の主任の先生から電話が来て、あらためて運動会の閉会式での挨拶を頼まれてしまった
父母の会会長を引き受けてしまった以上、運動会と卒園式の挨拶だけはどうしてもやらなければいけない。
たくさんの人の前で、カラオケを歌うのはなんてことはないみきっぺであるが、やはりある程度ちゃんとした場所で、ふざけることなく挨拶をしなければいけないとなると、やはり緊張はする。

運動会本番まで、残りわずかとなってきたので、さすがに何を話すかいろいろ書き出してみた。
幼稚園の運動会なので、せいぜい1分くらいで収まる挨拶が望ましいだろうと思い、何度となく書いては消し…の作業を続けた。
とりあえず、なんとか書きあがったものの、これを当日うまく話せるかが深刻な問題だ。
まぁ、私がこんなに神経を使っても、ほとんどの人はそれほど一生懸命聞かないだろう。私が聞く立場なら、おそらくと言うより、絶対そうだから
それでも、だからと言ってあまり適当なことも言えないだろう。
せめて、挨拶が開会式だったら良かったのに…。
閉会式じゃ、挨拶のことばかり気になって、肝心なチヒロの応援ができるかどうかちょっと心配である。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 1


アオイのプール授業

2008/09/09 23:01
ずっと天気が悪かったので、なかなかプールに入ることができなかったアオイ。
その間、「泳げるようになったから、今度絶対に見に来て!」と言っていた。
今日は、まさしくプール日和だし、幼稚園のほうの用事もないので、チヒロを園バスに乗せてしまったら行ける。
洗濯もしたいところだったが、今日を逃すともう今年は行けそうにないので、アオイの希望をかなえてやることにした。

プールの見える小道に着くと、目深に帽子をかぶって行ったにもかかわらず、「アオイのママだぁ!」と言う声が聞こえた。私って、いったいどれだけ特徴があるんだろうと思った瞬間であった。その声のおかげで、アオイも私が来ていることに気づいてくれたのだが……、後でアオイに聞いてみると、私に気づいて声を上げてくれたのは、モリトだったらしい。それなら納得だ。先週、一緒にキャンプに行ったときにも私はこの帽子をかぶっていたので、きっとすぐにわかったのだろう。

ところで、アオイは本当に泳げているのか?
1回目のプール授業を見に来たときには、全員水遊びをしているだけって感じだったので、こんなに短期間で泳げるようになるわけはないと思っていた。だいたい、あれだけ「見に来て」と言っていたくせに、なかなかプールに入ろうとせず、プールサイドでえらそうに寝そべっているだけだ。だんだん、イライラしてきたが大きな声を出す勇気もない私は、左手の人差し指をプールのほうに向けてグイグイ動かし、アオイにプールに入るように指示した。アオイは、水中眼鏡をしているので、どこに視線を向けているのかわからなかったが、案外ちゃんとこっちを見ていて私の指示に従った。

水に入れば、入ったなりに泳ぐ練習をしていたようだが、やっぱり泳げるようになったわけではなかった。でも、帰ってきたアオイにそれをそのまま伝えるのはかわいそうかな…と思いつつ、結局「もっとこういう感じで行けばいいんじゃない?」などと熱く語ってしまう泳げない母であった
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アマガエルとバッタ

2008/09/02 23:00
今日は、チヒロの友達のリオが遊びに来た。
超久しぶりに天気がいいにもかかわらず、うちの中で遊びたがるふたり
でもまぁ、誰かと遊んでいてくれると、比較的、静かに過ごせるのでよしとしよう。
そんなわけで、ふたりはしばらくうちにあるオモチャなんかで遊んでいたが、だんだん飽きてきたらしく、学校から帰ってきたアオイと一緒に外に出て行った。

うちの中が静かになってほんの数分後、外から私を呼ぶチヒロの声が聞こえてきた。
「なぁに?」と答えると、「リオがアマガエル捕まえたから見に来て〜!」と言う。正直、あんまり見たくはないが、「お願い!」としつこいので、仕方なく下りていく。
すると、虫かごに入れられた小さなアマガエルが1匹。得意ではないが、ちょっとかわいい。でも、前に「カエルは生きて動く虫しか食べない」と聞いた事がある。だから、飼うのはとても難しいことだと告げると、途端にアリを捕まえ始めるリオ。だが、虫かごに入れているので、アリはちょっとした隙間から落ちてしまう。「ほら、アリじゃダメだって」と言うと、今度はバッタを捕まえた そして、カエルを入れている虫かごにバッタを入れるも、バッタの体の大きさが若干、カエルを超えていた。
たとえばなんとか、カエルはガマンしてみても餌が生きた虫では、私には絶対的に無理である。結局、死なせてしまうだけになるので、「育てたい」と言ってきたアオチロの要求はあえなく却下となった。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


ポケモン(DS)日和

2008/08/31 15:30
もう何日たつんだろう、超ジメジメ天気
どこに行く気にもなれないのは、親だけではなかったようで、アオチロもいつもなら「外で遊んでくる〜」なんて言って出て行っちゃうのに、今日はまったく外に出ようとはしなかった。

こんな日は、ゲーム日和と家族全員がゲームにいそしんだ。
ヒロとチヒロは、Wiiのスマッシュブラザーズ。
私とアオイは、DSでポケモン。
このポケモンのゲーム、私とアオイは、すでに3回目のプレイである。
1回目にやっていたのは、カラオケやにDSごと忘れてきてそのまま紛失
2回目の分は、私がまだゲームをできないチヒロに変わってやっていたので、チヒロにそのまま引き継がせたのと、アオイはどこかにソフトを落としてきて、紛失した。
そして、今回は私が自分用に購入したパールに、自分の分を買ってアオイには買ってあげないということもできずに、これが最後と3つ目の購入となったダイヤモンドに再挑戦

これは、もうすぐ発売になるポケットモンスター・プラチナに備えてのことだ。
いい年をして…と思われるかもしれないが、これって本当に面白いんだから…。
プラチナの発売が、発表されてから、中古販売になっていたダイヤモンド・パールが値上がりしたほど。ダイヤモンドかパールをやっておくと、もっとプラチナが楽しめるというわけ。発売日は、チヒロの運動会。超楽しみな1日になりそうだ
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


天体望遠鏡

2008/08/30 23:33
先日の絵本の講演会に本当に感銘を受けてしまったみきっぺ。
アオイの入学時に、労働組合からもらったお祝いの図書カードを使って、絵本を買おうと思い立つ。
先生が紹介していた本を買おうと思って、アオチロを連れて出かけたが、絵本のコーナーに立ってふと思う。

探すの大変

そして、そこで先生が言っていた言葉を思い出す。

「子供が読んでほしいと言う本を読んであげてください」

そこで、急きょ予定を変更

アオチロがほしいと言う絵本を1冊ずつ買うことにした。
そして、レジに向かおうと思うと、ふとそこに天体望遠鏡と顕微鏡が陳列されていることに気づく。
この2点は、アオイがドラゼミテストでポイントを貯めて交換しようと狙っている賞品の中に入っている。値札を見ると天体望遠鏡が¥1600と超お手ごろ価格。みきっぺ的に、天体望遠鏡のほうがお好みだったので、顕微鏡の値札は見なかったが、おそらく同じくらいだろう。もちろん、アオチロの食いつきもいい。
図書カードの残り度数でちょうどいいくらいだろうと、こちらも購入。

帰宅すると、絵本どころの騒ぎではなく、ベランダに出て、さっそく望遠鏡を覗き込むアオチロ。
「太陽とよそ様のお宅をのぞいたりしたら絶対にダメだよ」と釘をさした。

そして、しばらくすると「あ!見えたぁ!」と興奮するアオイの声が聞こえてきた。
まだ明るいし、いったい何が見えたのか気になって聞きに行くと…



「団地の屋根!」

…と答えるアオイであった
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


絵本のお話

2008/08/28 21:53
今日は、幼稚園で父母の会の研修として、絵本の講師の方をお招きして、読み聞かせのすばらしさをお話してもらいました。
絵本の読み聞かせは、子供の情操教育にとてもいいことは知っていたし、正直、聞き覚えのあるようなことしか聞けないんじゃないかと、ちょっと思っていたけれど…

ところがどっこい、

楽しいし、ときにはホロッと涙が流れてしまういいお話があったりと……、とてもとても充実した時間を過ごすことができたのでありました。
中でも、先生が紹介していた「はじめてのおつかい」という絵本、これは私も図書館で借りてきて、アオチロに読んで聞かせたことがあったんだけど、まったく気づかなかった絵の裏話やしかけが聞けてとても楽しかった。本の表紙、裏表紙にも話は展開していたことも初めて知った。これは、絵本って思っていたよりずっとずっと奥が深い。

ほかに紹介されていた絵本は、「きんぎょがにげた」「こすずめのぼうけん」「スーホの白い馬」「ちょっとだけ」などなど……

この「ちょっとだけ」という絵本、この講演の先生が私たち大人に読み聞かせをしてくれましたぁ。
この絵本に出てくる妹が生まれたばかりの女の子……、とてもいじらしくて、そしてお母さんの愛情に思わず、たった1歳2ヶ月でチヒロのお兄ちゃんになってしまったアオイのことを思わずにはいられない時間でした

絵本は、毎日少しずつ、ゆっくりとした口調で読んであげることが大事なんだそうです。
同じ本を何度も何度も読んでほしいというのは、大人が好きな曲を何度聴いても飽きないのと同じなんだとか…。
本が好きな子になってほしいと思うのなら、字の読み書きを急いで教えるのではなく、何度も何度も好きな絵本を読んであげることがイチバンの近道。満足するだけ、絵本を読んでもらった子は、大人が言わなくても「今度は自分で読んでみたい」という気持ちになるんだそうですよ。

ついつい、毎日の忙しさに追われて、読み聞かせどころではない生活を送りがちですが、この機会に皆さんも今一度、絵本の良さを実感していただけたらと思います…。

はじめてのおつかい きんぎょがにげた  こすずめのぼうけん スーホの白い馬 ちょっとだけ





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


忙しい(?!)毎日

2008/08/27 23:25
今年度は、どういうわけだか、チヒロの通う幼稚園で父母の会の会長を引き受けてしまったために(仲良くしてもらっているお母さん方からはかなり意外がられている)、長期休み以外は何かしらの行事で幼稚園に出かけることが多い。
1学期はバザー。この準備に、約2ヶ月という時間を費やす。バザー委員長さんや、父母の会の皆さんの理解と協力も得られ、何とか無事に終了して、ホッとしたのもつかの間、夏休みが終わると同時に、今度は運動会ときたもんだ
そのほかに、PTA連合の仕事やらで、何のために幼稚園に入れたのか…そもそもの私の目的を見失ってしまっている 幼稚園に子供を通わせて、自分はその間、まったりと過ごすはずだった。なのに、なのに、この忙しさは何なんだ?
今はただ、ひたすら早くチヒロが卒園してくれることを願うばかりであります。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

みきっぺのアオチロ成長日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる